本文へスキップ

水の専門 Society for the Study of Water Design Society

電解中性水素水生成器report

さまざまな場所で取り入れられている水素ガスの吸引や作りたての水素水がお飲みになれます

電解水


水素ガスは気体ですのでスムーズに循環させやすいというメリットがあります。

鼻腔内から直接水素を吸入する為、取り込むまで濃度が下がることなく、短時間で効率よく水素を取り込むことができると言われております。



使用方法

電解水


使用開始から数日間は1日1回のぺースでの水素の吸引をお勧めしています。

慣れてきても体調の様子を見ながら必ず6時間以上空けて1日に2回を限度に吸引して下さい。

さらに吸引される方は水素生成を止めた状態で10分間の吸引。合計30分間以内で水素を吸入して下さい。

連続吸引は絶対にしないで下さい。


安全性・ご注意

安全性
水素は発火しやすい気体ですが、拡散性が高いので発火する濃度には達しません。
ただし、タバコ等火器の近くでのご使用は厳禁です。


ご注意
酸素ガスを吸引している方・通院されている方・持病をお持ちの方・妊娠されている方・体質虚弱の方・その他気になる症状がある方は、医師に相談の上で、5分程度から慣らして慎重にご使用下さい。

1日2回以上、1回30分以上の連続吸引は水素ガス生成時の電気分解で水素ガスと同時に酸素も発生していますので、酸素過多を防ぐ為にも長時間の連続使用は絶対にしないで下さい。


lcr lcr






ウォーターデザイン研究会

〒170-0013
東京都豊島区東池袋 1-36-3

TEL 03-3986-2338