本文へスキップ

水の専門 Society for the Study of Water Design Society

アトピ、ニキビと電解水report

アトピ、ニキビ

アトピ


アトピー性皮膚炎はアレルギーを起こしやすい体質の人や「皮膚のバリア機能」が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で「皮膚のバリア機能」が弱まっているため、外からの異物が容易に皮膚の中まで入りこみやすい状態になっているためとも考えられています。

「アトピー性皮膚炎といえばステロイド外用薬」がイメージされますがそれ以外にも活性水・機能水など有効なものもあります。


活性水・機能水

アトピ

活水器で活性化された水が活性水であり機能水であり化学薬品のような働きをします。

代表的な例として強電解酸性酸化水(SO水)、強電解アルカリ性還元水(SR水)があります。

SO水は強力な殺菌力を持ち抗生物質が効かないMRSAのような耐性菌も容易に殺菌出来ます。通常の消毒薬では使用に伴い手荒れが生じたりしますがSO水では逆に使用に伴い手がすべすべしてきます。
SR水は強力な洗浄力を持ち通常の汚れでは洗剤なしでSR水で十分洗浄が可能でする。
SO水・SR水ともに安全です。


電解水の例

水


強電解酸性酸化水(SO水)

塩素を含んだ水で、有効塩素による強力な殺菌効果があります。そのため生野菜など加 熱処理が難しいものなどは、強酸性電解水の力で殺菌処理されます。  酸性が強い水ということで肌にダメージを与える印象を受けますが、毒性も低く安全に 使用できることが認められています。肌荒れしにくいだけではなく肌の引き締め効果が あり、肌の水分が排出されるのを防ぐ効果も期待できるため、肌に有益だとも言われて います。


強電解水の特徴

水

水を電気分解すると浸透性や保湿性が向上します。

pH3でも酸っぱくなく、目に入れても沁みません。

pH12でも苦くなく目に入れても沁みません。

水は1.5Vの乾電池2本で容易に酸素と水素に分解されますが、熱エネルギーで水を分解しようとすると2000℃まで上げても水分子の100個の中3個くらいしか酸素と水素に分かれません。
このことから水に対して熱エネルギーに比べて電気エネルギーの作用がいかに顕著かがわかります。水を静止して置いておくと腐りますが動いている水は腐りません。不思議です。


強電解酸性酸化水とは
強電解酸性酸化水は3室型電解システムによって生成された陽極側(+極側)の水で、優れた殺菌力と浸透性及び皮膚の再生効果を持っています。また純度が高いため長寿命が特徴です。かつ、極めて安全です。

強電解アルカリ性還元水とは
強電解アルカリ性還元水とは3室型電解システムによってつくられた陰極側(-極側)の水で、優れた浸透性及び洗浄力を持っています。従来の2室型電解システムでつくられた強アルカリ性水と違い、食塩の含有量が極めて少ない純度の高い強電解水です。そのため食塩に基づく腐食性が低く、かつ安全性に優れています。

強酸性水とは
食塩(NaCl)などを添加した水を原水として2室型電解システムで電気分解することにより生成した陽性側の水で、以下の特性を有する水を強酸性水又は超酸性水などと呼んでいます。 強酸性水には優れた殺菌力があり安全性が高いため、消毒薬の代わりとして医療の現場や農業などの分野で使われていますが、pHが低く(pHが2.7以下)食塩濃度が高いため塩素ガスの発生が高く環境に対しても、また錆などの問題があります。

比較表

ウォーターデザイン研究会

〒170-0013
東京都豊島区東池袋 1-36-3

TEL 03-3986-2338