本文へスキップ

水の専門 Society for the Study of Water Design Society

水質浄化リングreport

薬剤を使わないクーリングタワーの維持 -アクアクリスタルリング-

ACR



水質を改質

配管のスケール除去、錆の抑制

簡単設置

・薬剤を使わないので安全・安心・環境にやさしい

・大幅なコストダウン



用  途

クーリングタワー

クーリングタワー

  ・冷却水の浄化(熱交換効率の改善)
  ・排水の浄化(BOD・COD・油脂分・SSDの低下)

受水槽、高架水槽、冷却塔

  ・スケールの付着の溶解、防止
  ・配管の保護、水周り機器の耐久性向上


設置場所例  工場、ホテル、デパート
       ビル、マンション、集合住宅


基本原理

ACR




・微弱な電気を起こし水素結合を弱めます


・水とパイプの接する境界面では溶解性が現れます


・水中では凝集性が現れます



矛盾する現象に見えますが水の電気的な性質を利用した世界でも類をみない方式ですので従来から難しいと言われてきた水処理が一気に解決することになります

ACR 自ら発生させる電気的振動エネルギーにより周囲の水分子のクラスターを小さくする作用があり

 ・ものを良く溶かす(水が持っている溶解特性が向上)
 ・汚れを取る(界面活性特性が向上)

効果があります。そして

 ・スケールの除去
 ・配管の保護、延命
 ・薬剤の不使用  ・メンテナンス費用の削減

につながります。


浄化作用について

浄化作用

浄化のしくみ

・冷却塔などの循環水に使用するとスケールの溶解と共に冷却水の電気伝導率が下がるなどの水の浄化作用が現れます。
・溶解したスケールの成分は処理をしていない循環系ではイオンの状態が優勢になります(分極状態)。
・処理をしている循環系では同じイオン同士の距離が近くなるのでイオン同士が共有結合をして電気的に中性になります(脱分極状態)。
・電気的なものが増えると電気伝導率は下がります。
・電気的に中性になると他の物体への再付着は少なくなります。
・電気的に中性な(脱分極した)物質は少しずつブロー水と共に系外へ排出され冷却水などの循環水は徐々に浄化されます。


コスト削減効果

ACR




・電気代の節約、二酸化炭素の削減

・設備(ポンプ、タンク配管、チラーなどの寿命延長

・メンテナンス経費の削減


・薬剤経費の縮減

例)冷却塔(100RT)での一例
    導入後3年間で170万円ちかくのメンテナンス代が削減
       また ガス、水道、電気代が30% も削減など


安全性

ACR



・耐圧試験

・浸出試験

・残留塩素

・抗菌試験

   をクリア

資料

ACR    ACR




ウォーターデザイン研究会

〒170-0013
東京都豊島区東池袋 1-36-3

TEL 03-3986-2338