ウォーターデザイン研究所フィロソフィー
WDL:患ォーターデザイン研究所
3室型強電解水装置
2室型強電解水装置
ND-1000B型
業務用飲用アルカリイオン生成装置
「水」分析受託業務
「水」分析機器
ロックウォーター
(保湿ローション)
「Dr.ナノセル アクアモイスト」
「飲料用 弱酸性還元水」
(脱気水)
「ダイアエアレスウォーター」
会員各社への連絡、情報交換
のペーシ
連載コラム 
        「水と健康」と「健康と水」(第5回)

水道水の水質基準は現在46項目であるが、平成16年4月1日から50項目に強化さ
れる。しかもこれらの規制項目は毎月1回は測定しなければならないことになっている。
これに対しミネラルウオーターの原水の水質基準は18項目であり、かつ最初だけの検査
で合格すればその後何年たっても検査義務はない。同じ飲む水がどうしてこんなに基準に
差があるのか不思議である。これは原水が絶対安全だということが大前提になっているた
めと考える。しかし本当に安全といえるのか。一方別の見方をすれば規制がゆるいという
ことは全ての責任がメーカーにまかされているということになる。それならばミネラルウ
オーターメーカーにその自覚があるといえるのか。世界的に原水の汚染は確実に進んでい
る。真剣にそして真面目に考えれば考えるほどミネラルウオーターは怖くて飲めなくなっ
てくる。





● ウォーターデザイン研究会 理事長 理博 久保田 昌治



連載コラム 「水と健康」と「健康と水」(第1回)
「水と健康」と「健康と水」(第2回)
「水と健康」と「健康と水」(第3回)
「水と健康」と「健康と水」(第4回)
「水と健康」と「健康と水」(第5回)